組織の強み

Daiichiの強み
Daiichiの未来
  • 製品の強み
  • 企業文化・風土の強み
  • 組織の強み

商品開発本部 常務取締役 本部長/天野 裕司

“業界初”を追求し、パチンコを変える。

商品開発本部は、新機種開発の肝となるプランニングを行なっており、DaiichiのDNAが最も活きているといっても過言ではありません。これまで『CRワニワニパニック』『CR天才バカボン』『CRピンクレディー』『CRダイナマイトキング』など、10万台以上のヒット機種を生み出し、DaiichiイズムやDaiichiらしさを築いてきた部署でもあります。商品企画本部の強みとは“面白さ”や“業界初”にこだわった技術に裏打ちされた企画力です。取締役から管理職、入社間もない新入社員まで、全員がフラットに自由にアイデアを出し合い、エンターテイメントをどこまでも追求していく。遊技機業界において“できそうで、できない”ことをDaiichiは実現させてきました。新しいアイデアが生まれたら、たとえ周りから大反対されても形にしてみる。そんな、未知の世界へ挑戦していく想いが、“ドキドキゲート”や“加速装置”“STOCK TIME”などの業界初の新機能につながったのです。

Daiichiでは、既に取得しているIP(版権)に、お客様の生の声を活かしたプランニングでこれからも業界初に取り組んでいきます。そして、未だかつて無いコンセプトを模索し、それを新機種開発へと昇華することで、ユーザに新しい提案を行っていきたいと考えています。Daiichiの業界初へのチャレンジはこれからも続いていく。すべては、“技術のDaiichi”ならではの“いいものづくり”でNo.1メーカーになるために。さまざまな規則が施行されるなか、商品開発本部としては、パチンコの原点『大衆娯楽』に立ち返る業界の節目と捉え、未来に向けて取り組んで参ります。