組織の強み

Daiichiの強み
Daiichiの未来
  • 製品の強み
  • 企業文化・風土の強み
  • 組織の強み

管理本部 常務取締役 本部長/安藤 昇

8社・1公益財団法人のグループを、
確実に収益が生み出せる企業体へと変えていく。

管理本部は、申請管理部・人財グループ・総務チーム・情報室・経理部の5つのグループで構成されております。さらに8社・1公益財団法人からなるDaiichiグループのハブ機能として、各グループ会社が円滑に運営できるように経営陣に対して様々な進言や経営のサポート業務を行なっています。

ユーザのニーズや法規などが変化し、トレンドがつかみにくい状況の中でも、営業本部や商品開発本部、技術開発本部などのフロント部門をはじめ、グループ全体で約550名の一人ひとりが最高のパフォーマンスを発揮できるように、管理本部がリーダーシップを発揮して必要な施策を着実に実行に移していく。そうすることで『Daiichiでずっと働きたい』『Daiichiで“いいものづくり”がしたい』と実感できるような職場環境を整備していきたいと考えています。

定時後にはみんなとカラオケに行くなど、仕事以外でも各部門との交流を大事にしております。

定時後にはみんなとカラオケに行くなど、仕事以外でも各部門との交流を大事にしております。

グループ全体で様々な目標・問題点がある中で、重要な課題の1つに『人財力の向上』があります。社員一人一人に対し職位に応じた役割や必要とされる能力・知識があり、最終的に“いいものづくり行い、経営目標を達成する!”ためには個々の能力高めていかないと、これまでと同じ動きをとっていては難しいと考えます。
そのためにも現状の問題を見直し、社員をしっかりと教育し鍛えていく新たな取り組みが必要となっております。

新オフィスは明るく、スペースも広々として、
社員同士で打ち合わせもしやすい環境が整備されています。

新オフィスは明るく、スペースも広々として、
社員同士で打ち合わせもしやすい環境が整備されています。